こんにちは司です。
今回は、英語を学ぶことの重要性について書いて行こうと思います。
皆さんも学校で英語を学んできたでしょう。今も英語を使っていますか?英語って学ぶ必要があったのかな?と思っていますか?
英語を学ぶ必要が無かったと思っているのであれば、それは英語を使っていないからだと思います。
日常生活であっても英語を使う場面は沢山あります。それではなぜ英語を学ぶことが大切なのか書いて行きます。

英語が大切な理由

なぜ、フランス語や韓国語では無く英語を学校で学ぶか疑問に思わなかったですか?疑問に思わないというのは何も考えていない証拠なので問題なのですが(笑)
少しは考えたことがある人、もしくは意識していなくても自分の中で理由付けされている人が多いと思います。なぜ英語が大切なのか詳しく見ていきましょう。

英語が第一言語の国

英語が公用語の国がどれだけあるか知っていますか?
なんと、約50か国もあります。人口にすると6億人もの人が英語を公用語として使っています。国の数で考えると世界の4分の1の国で英語が公用語になっていると言えます。驚くべき数ですね!
日本語が公用語の国は、世界で1国だけですので英語は単純に50倍の国で使われている訳です。英語を使えるようになるだけで、50か国で話が通じるということになります。

PC関連が英語ベース

インターネットはアメリカが開発したもので、そのほとんどは英語で構成されています。そのため、プログラミングを行う際には命令文などは、英語の意味を知っていると簡単に覚えられることが多いです。それ以外にも情報技術の分野で世界の最先端を行くのはやはりアメリカです。アメリカで使われている言語は英語ですので、最新の情報技術を知りたいと思えば、英語を理解するしかありません。その意味でも英語は大切です。

世界の重要情報は英語関連

アメリカが世界の中心として存在している限り変わることが無いと思いますが、株式投資などをしている人などは英語ができなければ、大変な苦労をすることになります。なぜなら、経営理論の最先端(日本には日本の経営理論の方が合っていることもある)をいっているのはアメリカですし、経済理論で最先端をいっているのもアメリカです。そのため、英語で最新の情報を確かめながら行動しなければならないのです。
 テクノロジーの分野であっても同じです。スマートフォンであっても、Apple、Google、Microsoftのどれをとってもアメリカの企業です。アメリカは知識集約企業が多く集中していることから、これらのことを学びたい場合にも英語が必要になります。

普段からの英語活用法

みなさんは、普段から英語を使っていますか?使っていないのであれば、皆さんの視野を広げながら、英語も活かすことができる方法があります。
それは、インターネットを使って外国のニュースで日本の出来事を読むことです。
なぜそんなことをするのかと疑問に思った人もいるでしょう。
それは、海外から日本がどう見えているのかということを意識しやすいからです。このように海外から日本がどのように見えているかを意識することによって、これからの生き方や物事の考え方が大きく変わることがあるかもしれません。是非、実践してみてください!

まとめ

英語を学ぶことの重要性に気づいてもらえましたか?少しでも参考になったな~とか、実践してみようということがあればよかったなと思います。また、英語を勉強するモチベーションになればいいなっと思います。
私はスピードラーニングって本当に効果があるのなら、やってみたいと思っている今日この頃です(笑)
実践したことある人は情報をくれると喜びます(笑)