あなたには外国人の友達が居ますか?

居ないのであれば、外国人の知り合いやメル友、友人などを作ってみましょう!

外国人の知り合いが居るだけで様々なメリットがありますし、外国人の相手にもそのメリットを享受して貰うことができます。

日本の常識が世界の常識でないと気づく

日本の常識が世界では通用しないことがあるって、普通に日本で日本人同士で生活していると気づかないことが多いのですが、外国人の友人などと話していると結構な割合で、えっ??というようなことがあります。

最近ですと、アメリカに住む知り合いとLINEをしていて、自動車の仮免許がアメリカでは筆記テストだけで取れてしまい、運転の技術試験は本免許の時だけということを聞きました。

この話の場合、日本では車を運転する人は技術、知識共に無ければ運転できない。という常識がありますが、アメリカでは、知識さえあれば、車を運転できるという、日本の常識では考えられないようなことが普通にあるということです。

このように、外国の友人が居るだけで、何も意識をしていなくとも、日本の考え方が世界で通用しない部分もある。ということを知識としてだけでは無く、実体験として知ることができます。

実体験として感じたことと言うのは、単なる知識よりもずっと心の底に残り、自分の人生を大きく変えてくれます。

スポンサーリンク

物事の考え方が変わる

日本というのは、近年特に世界に対する影響力が低下してきていると言われていますが、それでもなお、世界で3番目の経済規模を誇っており、国民1人辺りの所得もある程度の高さで推移しています。

しかし、発展途上国では、生きていくのにギリギリのお金で生活している人も多くいます。

このような国の人達と触れ合うことによって、感じることは様々あります。

私が一番に感じたのは、ハングリー精神です。

日本にいると、ほとんどの人から、ハングリー精神を感じ取ることができません。

もちろん中には、ハングリー精神を持って頑張っている人もいますけど、発展途上国の人達は総じて、ハングリー精神を持っていると感じることが多かったです。

このように、活気がある国の人達と触れ合う中で、日本はこのままでいいのか?と考えるようになったりしました。

もちろん、メールやLINEで伝わって来ることはそれほど多くは無いですけど、実際に会って話してみたりすると、とても感じます。

単純に楽しい

外国人の友達がいると単純に楽しいです。

例えば、お互いの国の料理を作りあったりすることもできますし、文化を教えあうこともできます。

どういう物が流行っているのか?などなど、話題は尽きません。

このような理由から、是非とも世界中に友達を作ることをお勧めします