こんばんは司です。今回は効率的な勉強方法について書いて行きたいと思います。
学生であれば、日々勉強しているでしょうし、社会人であれば、日々新しい仕事に取り組むために勉強していることだと思います。
そこで、私が思う効率の良い勉強方法を紹介させて頂こうと思います。

勉強時間管理法

勉強をする上で一番大切なのは時間をどのように管理するかということでしょう。よく勉強をするうえで一番大切なことは勉強の質を上げることだと言われていますが皆さんもそう思いますか?
私は、勉強をするうえで最も大切なことは勉強の質だと思います。しかし、勉強の質をあげようと思っても限界があるとも思っています。なぜなら、TVを消して勉強すれば、エアコンを適温にして勉強すれば、勉強の質は上がると思いますがそれ以上に何ができるのでしょうか?
勉強の時間が短くても質が高いから大丈夫というのは、自分自身に対する甘えではないでしょうか?
勉強時間をなるべく多く確保し、質の高い勉強をすることが最も大切だと思います。
決して自分にとって都合の良い部分を切り取ったりしないで考えて見て下さい。

ストップウォッチのすすめ

ストップウォッチを使って、一日にスマホを触っている時間とテレビを見ている時間、ぼけ~っとしている時間など、無駄な時間を計ってみて下さい。平均で3~5時間は少なくともあるはずです。
こういう時に直ぐに実践できる人こそ、自分自身を変えていける人であると林修さんも言っていますね。実際に私もそう思います。今できない人が明日できると思いますか?ましてや自分自身を変えられると思いますか?ということです。

ストップウォッチで無駄な時間を計って見てどうだったでしょうか?意外に忙しくて時間が無いと思っている人であっても、無駄な時間が多くあったと思います。そこでこの無駄な時間を減らしつつ、勉強の時間に変えていく方法を紹介します。

1日の勉強時間をきっちりと決めることです。

え?普通じゃんっと思われた人がほとんどだと思います。しかし、これをできていない人が多すぎるのです。
勉強しているつもりになって、椅子に座ってスマホ触っていませんか?ラインしてませんか?マンガ読んでいませんか?これらを無くしていくために、1秒単位で管理して行きましょう!。

①勉強を始める際にストップウォッチをオンにする
②スマホを触る際や、伸びをする際にはストップウォッチを止める
③目標時間に達成したら、それ以降は勉強しない

これだけです。これを実践していけば時間を有効に使えていると実感するはずです。

勉強時間の創出法

勉強は椅子に座って行うことだけではありません。いつだってできるのです。皆さんは家から駅に行く際に何をしていますか?音楽を聴いていますか?それで勉強する時間が無いと言っているのではまだまだ時間を創ることができます。
例えば、駅まで歩いて行くのであればあらかじめ録音しておいた暗記事項を耳から聞きながら歩けばそれだけで勉強時間の確保になりますし、スマホのメモ帳に暗記事項を入れておけば、ちょっとした隙間時間にも勉強をすることができます。

まとめ

ちょっとした工夫をするだけで嘘みたいに勉強時間を作れるということを実感して貰えると思います。まだまだ紹介していない工夫方法など沢山あるのですが、人によって相性もありますので、今回は誰にでも使えそうなものを紹介しました。
私は家庭教師をしていたことがあり、生徒さんにあった勉強方法を色々考えたということもあり、沢山の勉強方法を知っているつもりではいます(笑)
あくまで自称ですけど(笑)
他にも自分に合った勉強方法を考えて欲しいなどありましたら、コメントください(^^♪