ネット上には無数の無駄で必要の無いような情報と、とても有用な情報が混在しています。この情報の渦から、有用な情報だけを仕入れるのはとても大変です。

ネット上の有用な情報だけを仕入れて、不要な情報をそぎ落とすことができたら、素晴らしいと思いませんか?この記事では、有用な本当の情報を簡単に見つける方法を書いて行きたいと思います。

そもそも必要な情報とは?

そもそも論なのですが、皆さんはネットでどのような情報を求めているのですか?

時と場合によって違うとは思います。ある時は、how to系の情報、ある時は、暇つぶしと言うように、毎回、毎回違う情報を必要としていると思います。もっと具体的にどのような情報を必要としているのか考えて見ましょう。

例えば、ゲームソフトに関して検索する時を例として考えて行きましょう。ゲームソフトを検索する時の気持ちを時系列的に見ていきます。
① 面白いゲームソフト何があるんだろう?
② このゲームソフト面白そうだ!
③ 口コミどうなってるんだろう?
④ どこで買ったら安いんだろう?
⑤ ここの攻略どうやるんだろう?
というように気持ちが変化していきます。これらの気持ちの変化に沿ったように情報を仕入れなければ、無駄な情報を得てしまうということになります。

①の段階の時に、⑤の情報を説明しているサイトがあったら、それらの情報は全く無駄な情報ですよね?
つまり、その時にどんな情報が必要なのかを考え、的確に検索をしなければ無駄な情報を仕入れてしまうとこに繋がります。

有用な情報だけを仕入れるためには、しっかりと何の情報が欲しいのかを考えつつ、適切なワードで検索するということが分かりました。
それでは、どのように適切なワードを探せばよいのでしょうか?

スポンサーリンク

適切なワードで検索する

検索エンジンという物は、検索する単語が少し違うだけで結果が全く変わってしまいます。そのため、適切な単語で検索することが欲しい情報に近づくために必要です。

単語で検索する

一つ目に検索エンジンで欲しい情報を手に入れるためのコツとして、動詞を使わない方法です。つまり、単語スペース単語というように検索していきます。

例えば、
「本当に面白い感動できる完結している漫画」と検索するのでは無く
「面白い 感動 漫画 完結」と検索しましょうということです。

このように検索することによって、検索結果に幅が出てきます。欲しい情報の中で幅が出ることによって、検索結果の文字を見たりしながら、自分にとって本当に必要なページを探す事ができます。

期間を制限する

例えば、民法について調べたいことがあったとしましょう。民法という物は莫大な条文から成り立っていますが、判例という、過去に判決が出た裁判の影響を強く受けます。
そのために、時代時代によって民法の解釈の仕方も変わっていくのです。

しかし、ホームページやブログという物は更新をされない限り、古い情報も永遠と表示されてしまいます。時代によって移り変わりの無い情報であればいいのですが、そうでない場合は、過去の古い、現在では間違っている情報を得てしまうことになります。
そのようなことを防ぐ方法として、更新された日付を絞って検索するという方法があります。

Googleであれば、検索バーの下の部分にある、ツールというボタンをクリックすると、期間を指定する画面が出てきます。
たったこれだけで、最新の情報を入手できるのです。

最後に

インターネットという物は、少し工夫をするだけでビックリする位使いやすくなったりします。普段、「~できたら便利だな~」ということがあったら、検索してみて下さい。おそらくその「~できたら便利だな~」ということを簡単に実行する方法が検索結果に引っかかるはずです。

インターネットを賢く利用して、便利に時間を有効活用できるようになって貰えれば嬉しいな~と思います。