こんにちは

今回は普段からついついとお金をつかってしまいお金が貯まらない人が

どうすればお金が貯まるようになるのかを説明していきます。

そもそもなぜお金が貯まらないのか

お金が貯まらない人に共通している理由は

・お金を持っていると使ってしまう
・多く稼いだ月は多く使ってします
・ノリで多く使ってしまう
・安い物があるとついつい買ってしまう
・見栄を張るための物に多くのお金をつぎ込みすぎる

以上のどれかに当てはまるという人は要注意です

逆に、以上のどれにも当てはまらない人はなぜお金が貯まらないのかをもう一度考えて見て下さい。

何か原因が見つかるはずです。

お金が貯まらない人が今すぐに行うたった一つだけの方法

いよいよお金がよく貯まる方法を紹介しますね!

それは、なんと昔ながらの家計簿をつけるということです。

本当にそんなことでお金が貯まるの?

っと思った人もいると思いますがずばり本当に貯まります。

しかしここで大切なことがあります。

それは毎日必ず1回は記載することです。

毎日家計簿に記載していると

「今日は普段より使いすぎているな~」
「今週は先週よりも支出が増えているな、なんでだろう?」

というように自分自身で疑問を持つようになります。

かの有名な哲学者であるアンハーレントの名言にこのような言葉があります。

「私が望むのは、考えることで人間が強くなることです。危機的状態にあっても、考え抜くことで破滅に至らぬよう。」

この言葉からも分かるように疑問が生じたら考えるようにしてみましょう。

そうすることによって、お金の浪費が不思議と無くなっていきます。

スポンサーリンク

プラスαでお金を貯める方法

給与から自動的にお金を別口座に引き落としてしまうことです。

ネットバンクなどだと、自動的にお金を給与の振り込まれる口座から引き落としてきて貯金をしてくれる銀行もあります。

しかも、手数料は無料でです。

このサービスを利用し、浪費をしないでどのくらいのお金を使うのかを計算し

余剰なお金を全て自動的に給与口座から引き落としてもらって積み立てたらどうでしょうか?

意思が弱くて……っという人にはキャッシュカードをシュレッターか何かで粉砕させてしまえばいいと思います。

そうすれば、お金を引き出す手間が半端なくかかりますので

ちょっとやそっとのことではお金を引き出そうとは思わないのでは無いでしょうか?

さいごに

お金を貯めようと思うのであればまずは家計簿をつけましょう。

自分で稼いでるお金がどのような経路で無くなって行っているのかを理解するだけで

お金を節約し、お金のことを考える土台が出来上がります。

お金がどの様に流れているのかを把握したのであれば、月々払っているお金を見直したりと色々なことができます。

本記事が、皆さんのお金について考えるきっかけになって頂ければいいなっと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク