こんにちは司です。
今回はトランプさんが行おうとしていること&どのような影響があるのかということを分かりやすく伝えていきたいと思います。
トランプさんが行おうとしていることを理解して、皆さんが考えることの手助けをできたらな~と思っています。

そもそもドナルド・ジョン・トランプとは?

wikipediaには以下のように書かれている

生粋のニューヨーカーであり、父のフレッド・トランプ(英語版)もニューヨーク市の不動産開発業者。 父フレッドは不動産開発事業に対するトランプの関心を育て、トランプはペンシルベニア大学ウォートン・スクール在学中から、父フレッドの経営する不動産会社「エリザベス・トランプ・アンド・サン」を手伝い1968年に正式に社員になった。
1971年には父フレッドから同社の経営権を与えられ、社名を現行の「トランプ・オーガナイゼーション」に改めた。以来トランプは、ホテル、カジノ、ゴルフコースその他の不動産を建設し、その多くに自らの名前を冠している。 NBCのリアリティ番組「アプレンティス」への出演はトランプの知名度を更に高め、3回の結婚歴はタブロイド紙で広く報じられた。
2015年6月16日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙へ共和党から出馬することを表明。トランプの初期キャンペーンは大々的にメディアの注目を浴び、広く一般の支持を集めた。2015年6月以来、共和党の世論調査では継続してトップの支持率を保っている。メキシコ系やヒスパニック系の不法移民に関する発言は、外国人嫌悪と取られることから共和党主流派の方針と決定的に相反するという指摘も受けており、ワシントン・ポスト、エコノミスト、ニューヨーク・タイムズ、ウォール・ストリート・ジャーナル、ハフィントン・ポストなどのメディアからは大きな批判を浴びた。
その一方で、ヒスパニックへの愛を表明し、マンハッタンのトランプ・タワーで各分野のラティーノ指導者らと会談を持ち、マイノリティの声に耳を傾けてもいる。また、親しい黒人女優のオマロサ・マニゴールトとともにミシガン州デトロイトを訪れ、黒人有権者らとセルフィしたり、赤ちゃんを抱っこしたり、一緒に踊ったりし、差別されてきた人たちのことを理解しているとアピール。さらに、共和党はリンカーンの党であり、誰も排除されない国、労働者の党を目指すと宣言。有権者からの支持を増やすことに繋がった。2016年7月、トランプはマイク・ペンス(インディアナ州知事)を副大統領候補に指名した。
2016年11月8日、2016年アメリカ合衆国大統領選挙一般投票が行われ、開票の結果、一部の州を除き、全米で過半数の選挙人を獲得する見通しとなったため、第45代アメリカ合衆国大統領に就任することが確実となった。11月28日、最後まで勝敗が決していなかったミシガン州の最終結果により、トランプ氏は、全米で306人の選挙人を獲得した。 12月19日、コロラド州にある連邦裁判所にて、538人の選挙人による投票が行われ、正式に大統領に当選した。複数の選挙人が州の決定と異なる候補者に投票する造反があったが、一般投票の結果は覆らなかった。
得票数で対立候補を下回った候補が選挙人を獲得したのは、ジョージ・W・ブッシュがアル・ゴアを破った2000年アメリカ合衆国大統領選挙以来16年ぶりとなる。

というような経歴を持っています。日本の報道を聞いているとトランプさんのあまりよくない部分にスポットを当てて報道していることが多いのかな?とは思うのですが、皆さんはどう思いますか??

重要施策

・オバマケアの廃止
・法人税の大幅引き下げ
・公共事業の増加
・TPPからの離脱
・不法移民対策
・米国第一主義
である。この重要施策を見てどう思うでしょうか?
そんなに悪いことをやっている訳では私は無いと思います。しかし、それは表面上の話です。

歴史と照らし合わせるトランプ氏の施策

 歴史というものは、教訓にして今後に活かしていくために、しっかりと学校で習い、学んでいく。トランプさんの施策を見て思い出す歴史上の出来事はないだろうか?
第2次世界大戦はなぜ起きたのでしょう?その理由は植民地を持つ国と持たぬ国、ブロック経済、ニューディール政策による対内政策の重視、つまり我が国第一主義が蔓延した結果として起こったと言っても過言ではないでしょう。
トランプさんの重要施策はどうですか?もう一度見てください。さっきと同じように感じますか?

おわりに

私たちが安心して生きていくためには、国民皆がしっかりと考え行動していかなければなりません。しっかりとこれからのことを考え、行動できるように常日頃から物事をしっかりと考える癖をつけることが、我々に明るい未来をもたらしてくれるのではないでしょうか?