先日タイに初めて行ってきました。タイへの旅行で沢山のことを考えさせられたのでブログに綴っていきたいと思います。

タイの都市部

タイの首都であるバンコクは高層ビルが立ち並び、日本の都市部と殆ど代わり映えしないまでに発達していました。

私の中でのタイのイメージというのは、発展途上国であって、ビルなどはあっても一部に少しだけあるのだろうというイメージだったのですが、そのイメージは全く間違っていたことに気づかされました。

何キロにも渡ってビルが立ち並び、活気あふれる街がそこにはありました。

人件費が日本に比べて安いため、飲食店や小売店では人が沢山いるために、レジを待たされることも少なく、都市部では、英語がある程度通じる人も数多くいるため、コミュニケーションでも困りませんでした。

タイの魅力その1

観光スポットが沢山あります。本当に一週間では回り切れない位沢山の有名な観光スポットがあります。
水上マーケットや寺院など、数えても数えきれません。

それもそのはずで、アジアで植民地にならなかった国は、日本とタイだけなのです。
植民地にならずに済んだため、昔から続くタイの文化の多くが現代まで、そのまま継承されているのです。

そのため、多くの観光地があり観光立国としての地位を築き上げているのです。

しかし、タイが観光地として有名な理由はそれだけではありません。

タイでは、植民地になっていないにも関わらず、観光客にお金を使ってもらえるように、英語をある程度話せる人が多いのです。
そのため、言葉が通じないという心配が少なく、快適な旅行を送れます。

私が体感した感じでは、日本でよりタイでの方が英語を頻繁に使われているように感じ、日本でも観光立国を目指すのであれば、最低限のツールとして英語は必要だと感じました。

スポンサーリンク
google.com, pub-3875259002193018, DIRECT, f08c47fec0942fa0

タイの魅力その2

タイの宗教は仏教です。日本にも仏教徒が多いことから同じ仏教徒ということで安心感があります。
タイの人は信仰が厚い人が多く、街中でも手を合わせたりしている人が多かったです。

夜とかもバンコク周辺を歩いたりしましたが、危険や恐怖を感じたことはありませんでした。

信仰心が強いことから、悪いことをする人が少ないのかな?
とも思いました。

交通の便もよく、電車を使えば都市部の観光を効率的に行うことができます。

タイの魅力その3

様々な選択ができることです。

安く品質が良くない物から高くて品質のいいものまで様々な選択ができます。

料理をとっても日本円で100円程度の出店から、一食2000円程度のデパートのレストランまで様々な選択ができます。

その他の物も同様で、同じような物でも値段の格差が激しいです。日本製の物は日本で買うよりも高いが、他の物は大抵日本よりも安いです。

タクシーの初乗りもタイでは、100円とびっくりする位安いですが、電車などは更に安く、バスに関してはそれ以上に安いです。

日本でよりも、自分のこだわりたい所にお金を使用し、こだわらない所にはお金を使わないといったことも可能です。

最後に

タイでは日本に比べて何もかもが自由で自己責任でした、

バイクでヘルメットを被っていない、三人乗りしている、逆走していたりする場面はよく見ました。

タクシーで遠回りされるのも自己責任ですし、出店の物を食べて、お腹を壊すのも自己責任です。

自分で何もかもを選択できるという面白さがありとてもよかったです。

みなさんも是非、パックツアーなどではなく、個人でタイを観光してみたらどうでしょうか?

タイでのマナーや、観光地などの例文と共に、英語、日本語、タイ語が書いてあってとても分かりやすい本があり、私もその本を持って旅行に行きました。

英語に自信が無い人はもちろん!

それ以外の人も持って行って損はしない内容だと思いますので、見てみるだけでも見て見てください!

ちゃんと試し読みをして、自分に合うかどうかを考えてから購入してくださいね!


わがまま歩き旅行会話9 タイ語+英語 (ブルーガイド)

何か質問があれば、答えられる範囲で答えますので、コメント待っています!

もちろん、タイ旅行全般についての質問もOKです!