毎月のように当たり前のように支払っている生命保険

本当に必要のある保険ですか?

何が必要あって、何が必要の無い保険かしっかりと理解していますか?

例えば、死亡保険を5千万円か1億円かを選択できる保険があったとしましょう

ここで、どのように保険を選ぶか分かりますか?

適当にフィーリングで決めるべきではありません

この、金額を決める際には家計の支出を把握する必要があります

スポンサーリンク

本当に必要な保険を支出から考える

死亡保険にいくら必要なのかを考える場合に、一番大切なことは月にいくら使っているかを考えることです

毎月10万円で生活している家計があったとしましょう

夫婦共働きでどちらも50歳、収入は20万円づつであったとしましょう

高校生の子どもが1人います

さて、いくらの死亡保険を掛ければよいでしょうか?

ここで考えなければいけないのは、死亡保険を掛ける本人がいなくなった場合に被る損害分を保険で穴埋められればいいわけです

今回の例の場合であれば、今現在から65歳になるまでに稼ぐ金額分の保険を掛ければいいというわけです

つまり、20万円×15年=20×12×15=3600万円

3600万円分の保険を掛けておけばよいということになります

もちろん、退職金やボーナス、昇給などは考慮していないので大雑把ですし

死亡した本人が使用するお金を差し引いた計算などはしていないので

大体にはなってしまいますが……

また、必要なお金から逆算するという方法もあります

今回の事例では共働きのため、必要な生活費の半分を保険で賄えれば大丈夫だと考えられます

そのため、5万円×12カ月×15年=900万円

それに加えて、大学の費用として500万円

合わせて1400万円分の死亡保険を掛けておけばよいということになります

このように、なにを基準に死亡保険を決めるのかという基準はそれぞれ違いますが

このような基準の考え方を知らなければ、無駄な額の保険料を支払ってしまうかも知れません…

おわりに

何にいくらのお金が必要なのかをしっかりと把握することで

無駄な保険を減らすことができるということを理解して頂けたでしょうか?

がん保険なども同じような考え方を出来る部分もありますので

是非参考にして保険の見直しを行ってみて下さい

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク