みなさん、普段お店でお買物をする際にはどうやって決済していますか?

現金ですか?クレジットカードですか?それとも電子マネーですか??

それぞれに利点はありますが、私が忙しい人におすすめする決算方法は電子マネーです。

なぜか?説明していきます。

そもそも電子マネーとは?

電子マネーは、貨幣経済が実質的に貨幣という物品によってやり取りされていた所を、電子的なデータによって決済する手法である。
金銭価値を電子化(情報機器や記憶媒体に置き換えること)し、磁気カードやICカードなどに収納し、小売店等の決済端末によりオフライン決済を行う方式。セキュリティの面から、非接触型ICカードによるものが殆どである。

(沢山の種類の電子マネーがあるが、私たちに身近なSuicaやICOCAなどの電子マネーを中心とした電子マネーについて取り扱っていきます。)

つまり簡単に言うと、ICカードに何円分のお金が入っていますよ~

っということをカードに記憶させておくことで、その分のお金をお店で使うことができるということです!

なぜ電子マネー決算が便利なのか?

一番目の理由:決算するのに時間がかからないからです。

朝の混みあったコンビニを想像してみて下さい。

荷物を沢山持ったままお財布の中の小銭を探したりしていますと、他の人からの目線が痛いですよね…

しかし、電子マネーがあればそのような苦労とは掛け離れることができます。

例えば、おさいふケータイやアップルペイであれば、スマートフォンをかざすだけでお買物ができてしまいますし、普通のICカードであっても、小銭を取り出すよりも時間がかからないでしょう。

さらに、現金で決算する場合は、レジの店員さんがお金を受け取り、お釣りを取り出すという時間も掛かってしまいますが、電子マネーであれば、ほんの数秒で決算が終わります。

数秒~一分程度の違いと言えど、朝の忙しい時間の1分は重要ですし、これが毎日続くわけですから、一生で考えると、とても大きな違いになってくるでしょう。

スポンサーリンク

2番目の理由:ポイントが貯まる

現金で払ってもポイントカードがあるお店なら、ポイントが貯まりますよね。

それは、大抵のお店では電子マネーで支払ってもポイントを貰うことができます。

電子マネーでは、普通のポイントカードのポイントに加えて、電子マネーのポイントを貰うことができます。

例えば、楽天Edyを使用した場合、200円の決算ごとに1ポイント貰えます。

それに加えて、この楽天Edyをクレジットカードからチャージしていればそこでもポイントが貰えます。

例えば、ポンタポイントを貯めることができるリクルートカードであれば、楽天Edyへのチャージで1.2%のポイントを貰うことができます。

1万円を電子マネーで支払った場合のポイントを見ていきましょう。

楽天Edyのポイントが50円分
ポンタポイントが120円分
合計、170円分が貯まります。

ただ単に現金払いをやめて、電子マネー支払いにするだけで、電子マネーが使えるお店ならどこでも、こんなにお得になるのです。

一日千円コンビニで使っている人は1年間で

1000円×365日=365000円

365000×1.7%=6205ポイント

6205円分ものポイントが貯まることになります。

まとめ

時間も手間もかからない電子マネーを利用しない理由はあるでしょうか?

もちろんデメリットはあります。

それは、購入履歴などが決算会社にビッグデータ活用として利用されたりすることです。

デメリットかどうかは分かりませんが(笑)

便利に利用できると思う人は是非とも利用してみてください。