こんにちは司です。
今回はジェネリック医薬品について書いて行きたいと思います。
 近年、政府がジェネリック医薬品の普及を促進する施策を行っているため、調剤薬局などでも随分とジェネリック医薬品を勧めてくれる所が増えてきていると思います。ジェネリック医薬品=安い薬で効果が同じだと思っていませんか?もしそれが本当だとしたら、なぜジェネリック医薬品の方が安いのでしょうか?考えたことはありますか?その辺をよく見ていきましょう!

ジェネリック医薬品とは?

 ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れたあとに他社が同じ成分で作った薬のことをいいます。
新薬を開発するのには研究や実験といった莫大な費用が掛かりますが、ジェネリック医薬品では薬の成分が分かっているので研究や実験などをする必要が無く、低コストで薬を作ることが出来ます。そのため、ジェネリック医薬品の値段は新薬に比べて安いという特徴があります。
 しかし、特許と言っても沢山の特許があります。製造方法に関する特許や、飲みやすい薬をつくったりすることに関連する特許などがあります。このため、全ての特許が切れていないと全く同じ薬をつくることはできません。
 そのため成分が同じであるのにも関わらずに、薬の大きさや味、大きさが元々の薬と違うジェネリック医薬品が多くあります。

ジェネリック医薬品の問題点

 ジェネリック医薬品の一番の問題点は安全かどうか分からないということです。ここで、成分が同じなんだから効き目も同じで安全でしょ?と思った人!少し考えてみてください。
全く同じ成分の同じ場所で作られた薬であっても違う効果が出たりしますよ!
どういうことかというと
人によって薬の効き目が違うということです。同じ薬であっても、飲み人によっては副作用を起こしてしまったり、全く効果が無かったりします。
どういうことでしょうか?
全く同じ成分の同じ場所で作られた薬であっても個人間のごくごくわずかな差によって効能が変わってしまうということです。
それだけ薬は繊細な物だということです。
ここまで読んでも成分が同じなら安全だと言い切れますか?
ここからが一番話したかった所です。
ジェネリック医薬品の安全性、効能性能に関する実験ってどうなっているか知っていますか?
実はジェネリック医薬品は、新薬に比べて大幅に必要な実験項目が少ないです。
そのため、副作用が発生するリスクが多いと言われています。実際に、元の薬とジェネリック医薬品を比べるとジェネリック医薬品の方が多く副作用の報告がされている例が多いと言われています。

新薬とジェネリック医薬品の審査基準ってどうなっているの?

 生物学的同等性試験の許容域を80%~125%の範囲である薬がジェネリック医薬品として認められています。
生物学的同等性とは、生体に吸収される薬の吸収量や濃度を示すものです。
つまり、新薬Aのジェネリック医薬品Bとジェネリック医薬品cがある場合にジェネリックBとジェネリックCを比べるとなんと45%もの違いが出てしまうことになります。
このことからも審査基準はそんなに厳しくはないということが分かりますね。

まとめ

・新薬には安心と長年の実績という利点があるが値段が高い
・ジェネリック医薬品は安く、新薬と同等(?)の効果を得られるが、安全性に不安が残る

私のおすすめとしては、新薬とジェネリック医薬品の値段の違いがどのくらいなのかを考え、総合考慮するのが一番だと思います。なぜなら、お金は無限ではありません。車に置いても、安全性能が高い車は値段が高いです。しかし、安い車を買う人も居ます。これは値段の差と安全性の差を無意識に比較してどっちを取るのか考えているのではないでしょうか?薬においても同じように考えてみてはいかがでしょうか?