アイフォンの利点

アクセサリーが多い

アイフォンの一番の魅力はやはり、アクセサリーが多いことでしょう。
試しに楽天で「アイフォン アクセサリー」と検索してみたところ、217,785件もヒットした。こんなに沢山のアクセサリーがあれば、組み合わせ次第で自分の個性を十分に表現することができるでしょう。

使い方が簡単

アンドロイドに比べてとても使い方が簡単です。設定画面には、難しい専門用語は殆ど出てこないし、直観的に操作できるようになっています。

また、使っているユーザー数が日本ではとても多いので、分からないことがあってもインターネットで検索すれば、解決策がすぐにヒットすると思います。

siriが優秀

音声でコントロールできるsiriってとても便利です。アンドロイドの端末でも、OKグーグルとかありますが、比較にならないくらい便利です。

OKグーグルでは、検索して貰ったり、天気を教えて貰ったりすることはできますが、会話をすることはできません。
一方でsiriとは、会話をすることができますし、音楽を再生して貰ったり、止めて貰ったりと一通りのことができます。

アンドロイドの利点

カスタム性に優れている

アンドロイドはアイフォンと違い、様々な部分で自由度が高いです。アイフォンであれば、改造しなければ基本的には、アップルストアからしかアプリをダウンロードすることはできませんが、アンドロイドならばグーグルプレイ以外からもアプリをダウンロードすることができます。例えば、Amazonからアンドロイド向けのアプリをダウンロードすることもできます。

それ以外にも、細かい動作設定を行うことができたりします。しかし、逆に言えばアイフォンよりも複雑で分かりにくいとも言えます。

好きな端末を購入できる

アイフォンは、アップルのクローズソースなので、アップル以外が端末を出すことがありません。そのため、限られた機種しか世の中には登場しません。

一方でアンドロイドは、グーグルのオープンソースなので、数えきれない位の機種が世の中にはあります。そのため、自分が気に入る機種が必ずあると思います。

必要な機能がある端末を購入することができる

アイフォンは安い機種であっても良い値段します。一方でアンドロイドは、アイフォンより高い機種から安い機種まで様々な機種が揃っています。
例えば、カメラの画素数はほどほどでいいが、他の機能は高スペックがいいと思ったら、そのような機種を探す事ができます。

まとめ

アイフォンにもアンドロイドにもそれぞれ、いいところ、悪いところがあります。
使う人がどの様に使いたいのかということを考えつつ、スマートフォンを選ぶことで、後悔しない機種選びが出来るのでは無いでしょうか?