現金が無くなった世の中を考えたことはありますか?

日本人の多くは想像できないのではないかな?っと思います。

しかし、世界中を見回すと現金がほとんど使用されなくなっている国も存在します。

本当にそんな国があるのか?

誰も知らないような小さい国では無いのか?

っと思った人も多いと思います。

ですが、皆さんの知っているような国でも現金が使われなくなっていっています。

例えば、スウェーデンという国では決済の98%で現金が使われていません。

信じられますか?

例えば、100万円の取引が行われていたら98万円は現金が使われていないということです。

キャッシュレス化の流れは日本でも

日本でもキャッシュレス化の流れが進んでいるのをご存知でしょうか?

おそらく読者の皆様も意識していないだけで、身の回りでもキャッシュレス化が進んでいるはずです。

例えば、スイカを使用することもキャッシュレス化の流れに乗っていることになります。

その他にも、アップルペイやグーグルペイを使用することもキャッシュレス化の流れに乗っていることになります。

ここ最近、電子マネーを使用している人を見るのでは無いのでしょうか?

スポンサーリンク
google.com, pub-3875259002193018, DIRECT, f08c47fec0942fa0

現金よりキャッシュレスの方が優れている訳

なぜ現金よりキャッシュレスの方が優れているかご存知ですか?

キャッシュレス化には様々な利点があります。

キャッシュレス化が進むことによってまずは現金の流通量を減らすことができます。

現金の流通量を減らすことができれば、現金の発行量も減らすことができます。

現金の発行量を減らすことが出来れば、現金の発行に掛かる費用を減らすことができます。

それに加えて、現金の維持管理、品質管理に掛かる費用も抑制することができます。

他にも利点が沢山あります。

レジの決済に現金を介在させないことによって

レジでの待ち時間を短縮させることが可能になったり

強盗などがお店に入ってきたとしても被害が少なく済むなどと沢山のことが可能になります。

さらにキャッシュレス化が進み現金が流通しなくなったら

現金が流通しない社会が実現したのならば

さらなる利点が生まれます。

それは、現金の偽装防止方法を研究する必要が無くなります。

さらに、閉店後にお店での現金合わせをする必要が無くなります。

さいごに

人類は現金を卒業しキャッシュレスの時代に進まなければいけないのかも知れません。

キャッシュレスが進むことにより、紙の使用量も減らすことができ環境に負担の掛からないエコな世の中の実現の

手助けにもなるかも知れません

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク
google.com, pub-3875259002193018, DIRECT, f08c47fec0942fa0