長期投資と短期投資の違いって知っていますか?

言葉通りで長期間投資するのか短期間投資するのかということなんですけど

大事なのはそこではありません

一番大切なのは投資したお金を長期間必要にならないということです。

どういうことなのかというと

ずばり、投資したお金は無かった物だと思えということです

なぜなのかということを説明していきますね!

人間は損をするのが嫌い

投資したお金が無かった物だと思えという理由の一番の理由は

ほとんどの人は損をするのが嫌いということにつきます

普通に損をするのが好きな人は居ないので当たり前では?

っと思った人も多くいるとは思いますがそういうことではありません。

例を挙げて説明していきます

例えば、10万円のお金を投資しました。

1か月後にはそのお金が8万円になってしまいました

この時はどのような気持ちでしょうか?

不安でいっぱいではないでしょうか?

そのさらに1か月後5万円になってしまいました。

このときはどんな気持ちでしょうか?

やけくそな気持ちになってしまいませんか?

そんな時に、株価が10万円に戻りました

あなたはどうしますか?

また株価が下がって損をするのが怖くて売却してしまうのではありませんか?

このため、株価は見ない方がいいという1つ目の理由です。

2つ目の例は

10万円で株を買いました

一週間後11万円になりました

二週間後に12万円になりました

三週間後に11万円になりました

このときあなたはどうしますか?

スポンサーリンク

おそらく、これ以上下がると怖いと思い

11万円で売却するのでは無いでしょうか?

それでも1万円は得できたしよかったと思うのでは無いでしょうか?

これらの理由が単に人間は損をするのが嫌いという理由です

しかし、長期投資としてそれでいいのでしょうか?

長期投資としては損をするのが嫌だとか言っていては話しになりません

ここまで読んでいただいて分かったのでは無いでしょうか?

長期投資をするのは難しいと

そのため、投資したお金は捨てたと思えということです

そうすれば、価格の上下もある程度は気にならなくなるでしょう

それが長期投資において大切なことです。

投資したお金は捨てた物だと思えというのにはもう一つ理由があります。

スポンサーリンク

相場はお金が欲しいときに合わせてはくれない

人間だれしもお金が必要になることがあります

クレジットカードの支払いであったり、友人の結婚式であったり

しかし、そのような時に長期投資のために積み立てている物を崩すようなことはしてはいけません

逆に言えば、近い将来必要になるかもしれないお金は積み立ててはいけません。

なぜなら、その時にもしかしたら購入した時の半分になっているかもしれません

また、一度長期投資しようと考えたお金を一度取り崩してしまうと癖がついてしまいます

そうならないためにも、長期投資しようとしたお金は取り崩さない方がいいです

長期投資の方が短期投資よりもいい理由

そもそもなんで短期投資よりも長期投資の方が優れているか知っていますか?

理由は簡単です

短期投資だと大きく上がることも下がることもありますが

長期間で考えると基本的には緩やかな上昇をしているからです

また、それに加えて株を持っていると配当というお金を貰えるのも要因の1つです

そのため、短期投資よりも長期投資の方がリスクを軽減しながら運用できる理由です

さいごに

長期投資というものを改めて考えて頂けましたか?

今後投資を行っていく上で皆様のお役に立てれば光栄です

最後まで読んでいただきありがとうございます