みなさん余剰資金ってどうしていますか?
銀行に普通預金していたり、家の金庫に眠っているなんてことは無いですよね??
万が一こんなことがあったら、とても勿体ないです。
何故勿体ないのかわかりましたか?
そうです。他の物に資金を変えておけば、沢山の利子収入を得られるからです。
今回は、資金をどのような形で持っておく方がいいのかということを考えて行きましょう!

目に見える形で資金を資産化する

お金を金(ゴールド)にする

金を持っておくということが投資になるって知っていましたか?
なぜなら金は長い目で見るとずっと上昇してきているからです。
そのため、今の内に安い額で金を購入しておけば、金が将来高くなり、その時に売れば買った時のお金より多くのお金が入ってくると言うことです。

駐車場にする

沢山のまとまった資金が余剰資金としてあれば、駐車場を作る為の土地を購入することができますね。
この土地を購入するというのは、とてもリスクが低く効率的な投資だと私は思っています。
なぜなら、例えば土地を1000万円で買い駐車場を作り、月に3万円の収入を得たとしましょう。
このケースの場合、一年間で36万円の収益が上がります。
年間3.6%の効率で資金が増えていくのです。
しかも、駐車場は土地を購入すること以外に大きなお金も必要ありませんし、もっと効率的に駐車場収入を得ることもできます。
まとまったお金が必要になった場合には土地を売るということもできます。

銀行にお金を預けておいても、年間に0.1%程度ですので、いかに効率がよいか分かるでしょう。

自動販売機を設置する

自動販売機って簡単に設置して貰えるって知っていましたか?
しかも、商品が売れると一定割合のお金を貰うことができます。
しかし、自動販売機を稼働させている際にかかる電気代だけは負担しないといけません。
しかし、場所にもよるのですが電気代以上の収益をあげることは難しいことではありません。
街中の自動販売機の多さを見ればわかりますよね(笑)
まとめると、自動販売機を設置する際に掛かる費用は企業負担ですので、掛かる費用は月々の電気代だけですので
電気代を拠出して、もっと大きなお金を得ようということです。

まとめ

お金は定期預金以外にも、低リスクで効率よく増やしていくことが可能です。1%って聞くとほとんど無いに等しいと思う人は多いと思います。
しかし考えて見て下さい。
日本人の生涯平均所得の2億5000万円の1%はいくらですか?
2500000円です。
パッと見て凄く大きなお金では無いですか?
%という物はお金の大きさが大きくなればなるほど、凄い物に感じられます。
皆さんも、1%を大切にして、考えて見て下さい。