こんにちは司です。
今回は株についてなぜ特なのか?どういう仕組みなのかということについて書いて行きます。
少し長くなりますが最後までお付き合いください!

そもそも株ってなに?

そもそも株って何なの?と思っている人も居ると思います。
そもそも株とは正式には株式といい、お金を沢山の人から集めるために発行しているチケットのような物をいいます。
この株式を持つことによって会社の一部がその人の物になったということになります。
つまり、株式を100%集めたらその会社はその人の物になるということです。
夢みたいな話ですよね!
実際に、読者さんがアップルの株式を100%買ったとします。そうするとアップルはあなたの会社になります。
つまりあなたが社長になることも出来るということです。
しかし、普通の人はそんなに沢山の株を買うだけのお金を持っていませんよね?
それなら株を買っても意味がないじゃないか?と思うかもしれませんが、そうだったとしたら株を買うとお得!と
世間で騒がれたりしませんよね?
それではなぜ株を買うとお得なのでしょうか?

株を持っているとこんなお得が!

まず株を持っていてお得といわれる理由のひとつとして配当が挙げられます。
配当と言われてもピンとこない人も居るかもしれませんので配当についても少し説明します。
配当とは、会社の売上がいいときにその一部をお金を出して株を買ってくれた人に還元しようとするものです。
つまり、会社の売上がいいときに持っている株式に応じてお金が貰えます。例えば大塚家具の株式の利回りは2017年1月時点で7.4%です。
これを聞いて、え?????と思った人も多いのではないでしょうか?
特に銀行にお金を預けていると定期預金でも0.1%位ですもんね!驚いて当然だと思います(笑)
大塚家具の株式を100万円分持っていたとしたら毎年7万円
1000万円分持っていたら毎年70万円貰えるということです。
しかも株式のメリットはこの配当だけではありません。
株を持っていると株主総会に出ることが出来ます。株主総会では株を持っている人達で会社の社長を決めたり、役員を選出したりします。そのような通常では体験することが出来ないような体験をすることが出来ます。しかも株主総会では出席すると土産を貰える企業も多く、いいことづくめです!
さらにさらに、株を持っているとお得なことがあります。
それが株主優待です。株主優待を行っている企業では、その企業の製品の割引券や商品が貰えたりします。
例えばイオンでは、お買物の金額の一部がキャッシュバックされます。持っている株の数によってもキャッシュバック率は違うのですが、最大で7%もキャッシュバックされます。
毎回イオンでお買物されている家庭でしたら、毎月5万円程度使うでしょう。
そうすると、5×12=60万円年間でイオンで使っていることになります。
この60万円の内7%がキャッシュバックされるので4万2千円も年間にお得になります。
このように株を持っていることによって沢山のメリットがあります。現金では買えない限定商品が貰えたりすることもあります。

株を持っているとこんなデメリットが!

株を持っているとデメリットもあります。それが会社が倒産してしまった時です。銀行にお金を預けている場合には銀行が倒産してしまった場合であっても、1千万まではペイオフという制度により返還して貰うことが出来ます。しかし、株式の場合戻ってくる額は少額になる可能性が高いという所にあります。
それ以外にも全く家の近くに無いお店の株式などを買ってしまうと、わざわざそこのお店まで行かなければっという気持ちになってしまい、余計な物を買ってしまって、トータルで考えると損をする可能性もあります。
そのため、本当に信用が出来そうであり、身近な親しみのある会社の株式を購入すれば、株主である特典を最大限活かすことが出来るのではないでしょうか?

企業にとっては株を発行するメリットってあるの?

企業は株式を発行することによって、お金を安く集めることが出来ます。銀行からお金を借りる場合は沢山の利子を、会社が赤字だろうが払わなければなりません。しかし、株であれば会社が赤字の時には株主に説明し、配当を無くしたりすることが出来ます。その代わりに、黒字の時には多くの配当を株主に還元しましょう!という考えです。
また、新しい会社の場合銀行からお金を借りるのが難しいですが、株であればその会社が将来大きくなるだろうと見込む人達が株を買ってくれれば、お金を株主から得ることが出来ます。
このような理由からも株式を発行している会社が多いのです。

企業にとっての株を発行するデメリット

企業は株式を発行することによって、株主が生まれます。そうすると、社長一人で会社の意向を決めることが出来なくなります。なぜなら、会社の意向を決めるのは株主だからです。そのため株式会社になるとワンマン社長の会社に比べて、迅速な意思決定を行いにくくなるというデメリットがあります。
しかし、沢山の株主によって様々な意見を取り入れることが出来るのでプラスに働くことも十分に考えられるので、考え方によりますね。

まとめ

株を買うと個人も会社も得をすることが多い!しかし、リスクや本当に自分自身にとって必要な優待なのか、様々なことを考えて株を購入しないと損をしてしまうこともあるということを頭の中に入れといてください。
今回記事の中では説明しなかったですが、株の値段は重要と供給の関係で値段が上がったり、下がったりしています。そのため、人気がとてもある時に株をかって不人気になった時に株を売ったりすると損をすることもあります。
しっかりと後先を考えて株式を購入し、素晴らしい株主生活を満喫してください!