みなさん、日本の税制についてどう思いますか?
日本の税制には謎な点があるのですが、その謎だと思う点を説明するためには、下準備が必要です。
そのため簡単に税制についての説明をしたいと思います。
稼げば稼ぐほど税金が増えていくということは誰でも知っているでしょう。これは、単に税金の額が普通に増えているのとは訳が違います。
詳しく説明していきます。

代表的な税金の種類

税金にも色々な課税の種類があります。日本の税制の謎を知ってもらうために、もう少しお付き合い下さい。
イメージしやすくするために、
所得が1億円のAさん
所得が100万円のBさん
を登場させて説明していきます。
今回説明する税金は全て、所得に対して掛かるものとします。

定額税

定額税とは読んで文字の如く、定額のお金を払わなければいけない税金制度です。
AさんもBさんも同じ額を払います。税金が10万円ならばAさんもBさんも10万円のお金を納めなければなりません。

低率税

低率税とは、同じ税率の額を納める税金のことです。例えば消費税などがこれにあたります。税金が10%だとすると
Aさんは、1000万円
Bさんは、10万円
の税金を払うことになります。

累進課税

累進課税とは所得額に応じて払わなければいけない税金の%が増えていく制度のことです。
詳しい税率の紹介は省略しますが、最大で45%もの税金が日本の場合は掛かります。ただしこれらの税率には、控除額という物が定められているため、控除額を所得から差し引いた物に対して税金が掛かります。
Aさんは、(1億円ー控除額)×0.45=42841800円
Bさんは、(100万円ー控除額)×0.05=5万円
となります。

キャピタルゲイン課税

キャピタルゲイン税とは、株式の配当等から貰えたお金に対して掛かる税金で一律20%です。
Aさんは、2000万円
Bさんは、20万円
となります。

日本の税制の謎

各種税金を見て何か違和感を覚えたことは無いですか?
何にも思わなかったのであれば、もう一度読み直して見て下さい。
そうです。キャピタルゲイン税が定率ってことに対しておかしいとは思いませんか?
一生懸命働いて稼いだお金に対しては、最大で45%掛かるのにも関わらず、お金を投資していた人が稼いだお金には20%しか掛からない。
同じ一億円を稼いだ場合の税金額
働いて稼いだ場合   42841800円
投資をして稼いだ場合 20000000円
額にして、投資をして稼いだ場合の方が20000000円も少ない税金しか払わなくて済むのです。

まとめ

この記事を読んでどのように感じましたか?
少し、お金持ちの子がまたお金持ちになる仕組みが分かった気がしませんか?
詳しい累進課税の説明は財務省のHPに書いてありますので、興味があったら見て見て下さい。