こんにちは司です。今回はお金は何に使えばいいのかということを書いて行きたいと思います。
みなさんは、お金が余ったら何に使っていますか?そもそも余らないという人や貯蓄に回すという人が多いと思います。
今回は、毎月少しのお金を使って将来大きなお金をキャッシュバックさせる方法を紹介していきたいと思います。

お金について考える

人によってお金の使い方は違うと思います。お金はあればあるだけ使ってしまう人、貯蓄ばかりしてしまう人、どちらもとても勿体ないことをしていると思います。なぜなら、あればあるだけお金を使ってしまっている人は、本当に必要な物以外にもお金を使ってしまっていることが多いだろうし、貯蓄ばかりをしている人は本当に必要な所にもお金を使っていないことが多いだろうからです。

そもそもお金とは何のためにあるの?

そもそもお金とはなぜあるのか考えたことがありますか?
もともと人間は物々交換をしていました。しかし物々交換ですと、相手が欲しい物をどちらもが持っていなければ成立しませんでした。そのような物々交換のシステムに不便さを感じている人達が作り上げたのが貨幣なのです。貨幣に価値があると皆が考え、その価値を信じて取引をすることによって、便利さを追求したのです。
お金とは本来、欲しい物と欲しい物を交換するための物であって、欲しくない物を買ったり、貯め込んだりする物ではありません。お金は、本当に欲しい物と交換するためにあるのです。

お金の有意義な使い方

お金にも有意義な使い方があるのを知っていますか?それはお金を使ってお金を稼ぐということです。単純にこの話だけを聞くと、とても怪しい投資話に聞こえますが(笑)そんなんではありません。今回提示するのは2つです。もちろん、これ以外にも沢山の有意義な使い方があると思いますので、考え方を参考にして考えて見てください。

時間を節約する物に使う

時間を節約するものにお金を使うということです。時間という物にはお金に換えられない価値があります。しかし、お金を使うことで時間を節約することができます。例えば掃除をする時間を節約するためには、ルンバなどのお掃除機ロボットを購入したり、食器洗い機を購入したりするということです。ここで大切なことが、その投資が継続的に使えるものかどうかということです。継続的に使えないものとして、お掃除の業者に入ってもらうだとか、家政婦を雇うということです。勿論、継続的に使うだけの資金力があれば問題ないですが、継続的に使うことにより1日辺りのコストが安いお掃除ロボットや食器洗い機には勝てないでしょう。
時間を節約することにお金を使うことにより、作られた時間で仕事をし、更にお金を稼ぐこともできますし、自分自身の趣味に時間を充てることもできます。

自己投資に使う

自分に投資するということです。例えば、社会保険の勉強をするために社会保険関連の本を購入するということが挙げられます。社会保険の勉強をすることにより知識を得ることができるだけではなく、実際に社会保険給付を受ける場合には、制度を知っていることにより、知っていない場合と比べて沢山のお金が貰えることもあります。世の中の仕組みは、知っていれば知っているだけでお得になることが多くあります。しかし、これら全ての情報を手に入れるのは困難です。しかし、様々な知識や考え方を手に入れようと自己投資をすることにより、ほぼ確実に得をすることができます。オフシェア生命保険などもその一例でしょう。

まとめ

お金は使い方によってはさらに大きなお金を呼び寄せたり、知識を与えてくれたりする素晴らしいものです。しかし、使い方を間違ってしまえばその場の満足感だけで終わってしまいます。皆さんもお金の使い方を今一度考えて見てください。そうすれば、賢いお金の使い手になれるはずです。